MENU

角川とはてなが組んで作った小説投稿サイト、カクヨムが人気ですが…

文章を書くのが好き、日記を毎日書いているとかブログも毎日更新しているよ。って方は、もしかしたら小説も書いた事がある、または今書いているよ!っていう方も多いのではないでしょうか?

 

今、色々な小説投稿サイトがありますが、規模としては小さくてスマホでコソコソと見るだけなら無料で読めるから読んでいるとか、販売されてても1作品100円くらいで安いから読んでるよ。と言う感じかも知れませんが、殆どのサイトが小さくて割と無名な会社が運営していたりしています。

 

しかし!そんな中に新星が現れた!と言うか、大手出版会社である角川書店と老舗ブログサービス&ブックマークサービスのはてなが組んで作った新しい小説投稿サイトカクヨムに、今大きな期待が注がれている様です。

 

それは、カクヨムに投稿していると、将来的にプロ小説家としてデビューしやすくなるんじゃないか。とか、多くの人の目に触れるので人気作家になれるんじゃないか?という期待が現実になりやすいと思って投稿している人が多いのです。

 

確かに、小説を書く編集ページは割と使いやすいとは思いますが、角川がやっているからって将来小説家としてデビューできそうな保証は何も無いのです。

 

時々、投稿されている作品の中からデビューさせられそうな作品を選出するコンテストを開くと言う設定になっていますが、それもどういうスケジュールで開催されていくのかが明確ではないので、本当にデビューできる人口が多いのかすら分かりません。

 

でも、まぁ気長に書いていくよって言うなら止めはしませんが、本気で小説家に早くなりたい!という人は、何かの賞に引っかかるのを待つより別の方法で自分でプロになった方が良いかも知れません。

このページの先頭へ